男性の抜け毛、DHTの原因となる5αリダクターゼを抑制、抜け毛を予防する方法、育毛剤について紹介します

5αリダクターゼの抑制が薄毛対策のポイント

5αリダクターゼは前頭部、頭頂部の毛乳頭に存在しています。男性ホルモンが毛乳頭内に入ると、5αリダクターゼにより、DHT(ジヒドロテストステロン)に変換されてしまいます。DHTは毛乳頭内のレセプターと結合し、薄毛を引き起こします。

DHTは脱毛ホルモンとも呼ばれています。DHTは毛乳頭内で退行誘導因子を生成し、毛母細胞の働きが弱くなってしまいます。その結果、ヘアサイクルは短くなり、抜け毛は増えてきます。前頭部、頭頂部の薄毛はほとんどがDHTによって引き起こされます。

薄毛対策として、DHTの生成を抑えることがポイントです。DHTの生成を抑えるには5αリダクターゼの働きを抑制、阻害する必要があります。5αリダクターゼを抑制する成分として「ノコギリヤシ」「亜鉛」が有名です。

他には医薬品ですが「プロペシア」が有名です。ただプロペシアは副作用が起こる可能性があるため、医者による処方になります。最近では5αリダクターゼを抑制する植物エキスを配合した育毛剤も販売されており、非常に人気です。

5αリダクターゼを抑制する育毛剤 BEST3

育毛剤ブブカ
育毛剤とサプリがセット!
ブブカは育毛剤とサプリメントがセット。5αリダクターゼを阻害する成分が配合されています。さら32種類の育毛成分配合。無添加だから副作用の心配もありません。
価格:12,600円 送料無料 30日返金保証付き
ダブルテラ
ナノテクで毛根を活性化
男性ホルモンを抑制するエチニルエストラジオールを配合。 ホソカワミクロンのナノテクで毛根に浸透。毛根に長時間滞留することで血行を促進し、毛髪の成長をサポート。
価格:10,500円 送料無料
薬用プランテル
M字型の脱毛を改善!
薬用プランテルには10種類の育毛成分を配合。5αリダクターゼを抑制する「ヒオウギキス」が使われています。さらに血行を促進する「センブリエキス」なども含まれています。
価格:7,800円 送料無料 30日返金保証付き

5αリダクターゼの抑制にBUBKAを勧める理由

ブブカサプリでDHTの生成抑制

育毛剤ブブカにはブブカサプリがセットでついています。定期コースにすると育毛剤の代金だけでサプリもずっとついてきます。ブブカサプリには5αリダクターゼを阻害する「ノコギリヤシ」「亜鉛」を配合しています。5αリダクターゼをブロックすることで抜け毛の原因となる脱毛ホルモン、DHTの発生を抑制。抜け毛を予防します。他にも女性ホルモンと似た働きをする「イソフラボン」、タンパク質の合成を促す「ミレットエキス」も配合。体の中から育毛をサポートします。

褐藻エキスでも毛包を活性化

育毛剤BUBKAは褐藻エキスM-034が含まれています。M-034は海藻から取れる成分。頭皮の血行を促進する作用、髪の毛を支える外毛根鞘細胞を増殖する作用、抜け毛の原因となる退行誘導因子をブロックする作用があります。髪の毛の根元になる毛根を活性化することで、育毛を促進します。その他にも血行を促進する「センブリエキス」や「ニンジンエキス」も配合。頭皮の血流を改善することで毛母細胞を活性化をサポートします。

頭皮を健やかにし、抜け毛予防

育毛剤ブブカには32種類もの育毛成分が使われています。その中でも頭皮を保湿する植物エキス、地肌の炎症を抑える植物エキスが多く含まれています。さらに育毛剤ブブカは無添加にこだわっています。無着色、無香料、無鉱物油、パラベンフリーだから敏感肌でも安心。頭皮に負担をかけることなく、育毛を促進します。

男性型脱毛と5αリダクターゼ

5αリダクターゼとは毛乳頭内に存在する特殊な酵素です。
5αリダクターゼには1型と2型が存在します。


1型は皮脂腺に多く存在します。
年齢と共にオヤジ臭い等と言われますが、これは皮脂分泌が増えるためです。


薄毛に関連するのは2型がほとんどです。
2型は毛包、前立腺、睾丸などに存在しています。


治療薬として有名な「プロペシア」は2型5αリダクターゼを阻害する働きがあります。



5αリダクターゼは男性ホルモンに作用してDHT(ジヒドロテストステロン)を生成します。
毛乳頭内にあるレセプターの感受性が高い人は薄毛になる可能性が高まります。


DHTがレセプターと結合すると退行誘導因子を生成し、
毛包はどんどん小さくなり、髪の毛は退行期に移行してしまいます。


髪の毛の成長期は2年から6年。
男性型脱毛はその期間が非常に短くなります。
生え際、頭頂部の薄毛の症状は多くが男性型です。


育毛剤の役割は「ノコギリヤシ」や「オウゴンエキス」で
5αリダクターゼの働きを抑えてDHTの発生を減らすことです。
そうすることでレセプターとの結合で生成される退行誘導因子を抑制します。


それから毛髪の成長には血流を改善し、毛母細胞を促進する必要があります。
毛細血管から栄養を吸収し、毛母細胞は分裂し、髪の毛は成長します。


育毛サプリで5αリダクターゼを抑制

5αリダクターゼの働きを阻害する成分といえばフィナステリド、ノコギリヤシが有名です。最近では副作用のないノコギリヤシを配合した育毛サプリが人気です。育毛剤で外からアプローチするだけでなく、サプリメントで内側からも育毛をサポートすることで、抜け毛を抑制します。最近では育毛剤とサプリメントがセットになったBUBKAやチャップアップなどが人気です。より詳しくはM字ハゲ 育毛剤などに解説されています。

男性の薄毛はヘアサイクルの短縮化、硬毛の軟毛化などによって引き起こされます。男性ホルモンが5αリダクターゼの影響を受けてDHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。次にDHTが男性ホルモンレセプターと結合することで脱毛物質が生成され、毛乳頭が萎縮してしまいます。男性の髪の成長期は5年程ありますが、1年程度に短縮されてしまいます。それを繰り返すと髪の毛はどんどん細くなり、最後には髪の毛が生えてこなくなります。

成長期を短くする脱毛物質の生成を防止するためにおすすめの育毛サプリがノコギリヤシ配合タイプです。育毛サプリにも色々と種類があります。ノコギリヤシタイプで人気なのはBOSTON、フェルサ、BUBKAなどです。これらのサプリにはノコギリヤシ、亜鉛、イソフラボン、ミレットエキスなどの育毛をサポートする成分を配合しています。

亜鉛は牡蠣、タラバガニ、しじみなどに含まれる栄養分です。ただ食事から摂るのがなかなか大変な栄養素です。亜鉛はタンパク質の分解と合成、代謝の促進作用があり、髪の毛の生成をサポートする栄養分です。

ミレットエキスはイネ科の植物から抽出されたエキスです。シスチン、メチオニンというアミノ酸を配合しています。これらのアミノ酸は髪の毛の元になるタンパク質の元になる非常に重要な栄養分です。大豆イソフラボンは女性ホルモンエストロゲンと似た働きをし、ホルモンバランスを整える作用があります。栄養補助食品という役割の為、プロペシア程の即効性や効果の強さはありませんが、男性機能への副作用の心配はありません。

血行を促進して育毛対策

育毛剤やサプリ、プロペシア等を使用して5αリダクターゼの働きを阻害することで抜け毛は改善します。ただそれだけでなく、体の血流を改善する事も育毛対策には重要です。血行を促進することで血流量を増やし、栄養分を毛乳頭に届けることで毛母細胞は活性化し、髪の毛は成長します。ここでは血行を促進する生活習慣について解説します。

●運動
有酸素運動は心肺機能を上げる働きがあります。1日30分程度のウォーキングを継続する事がおすすめです。膝への負担がないのでおすすめです。慣れれば早歩きくらいのスピードを意識する事をおすすめします。週に2~3回は取り入れたいところです。その他にはランニング、自転車、プールでのウォーキングなども有効です。時間が取れない時はストレッチで体を伸ばすと、血流は良くなります。

●ストレス
ストレスは交感神経を活発にし、血行不良の原因となります。適度なストレスはやる気などをあげますが、継続するストレスは血行不良の原因となります。更にストレスは細胞や血管にダメージを与える活性酸素を生み出します。ストレスを解消するには睡眠や休息をしっかり取る事が重要です。他には散歩、スポーツ、趣味、家族や友人と過ごしたりする事でストレスを解消する事をおすすめします。

●食事
動物性タンパク質や脂質の摂り過ぎは血中コレステロール値を上げてしまいます。その結果、血行不良になります。お肉などを食べる時には植物性タンパク質である大豆や食物繊維を含んだ緑黄色野菜も一緒に食べる事をおすすめします。お肉の中ではササミはおすすめです。血流改善作用のある食事でおすすめなのがオメガ3系の不飽和脂肪酸です。青魚(イワシ、サバ、まぐろなど)やくるみに含まれています。不飽和脂肪酸は血中コレステロール値を下げる作用があります。

●喫煙
タバコは毛細血管を収縮させ、血流を悪くする作用があります。さらにタバコは活性酸素を発生させ、細胞や血管にダメージを与えます。髪の毛の成長に必要なえ栄養補給が不足し、毛母細胞の働きを弱めてしまいます。薄毛の改善を第一に考えた時、タバコを止めることは非常に重要です。

ヘアメディカルで薄毛対策



ヘアメディカルは東京、名古屋、大阪、福岡で薄毛治療のクリニックを運営しています。ヘアメディカルでは薄毛治療の為にプロペシアやミノキシジルをはじめ、高濃度のサプリメントなどを処方しています。ヘアメディカルだけで毎月15,000人以上が薄毛治療をおこなっています。

皮膚科と薄毛治療クリニックの違いは処方する治療薬です。皮膚科ではプロペシアのみを処方しています。プロペシアによってDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制することで、薄毛の進行を抑えます。

ヘアメディカルではプロペシアに加え、ミノキシジル配合の内服薬も処方しています。ミノキシジルタブレット(ミノタブ)には血管を拡張する作用があり、毛根の活性化を促進する効果があります。毛乳頭に栄養が送られ、毛母細胞が活性化する効果や血管を新生する効果を発揮します。ミノキシジルの内服薬を処方するにあたって血液検査や血圧の検査もしっかり行なっています。

その他にも、マルチビタミンや銅、亜鉛などを高濃度で配合したサプリメントも処方しています。ヘアメディカルでは、体質や症状にあわせて調合し、院内製剤を処方。市販のサプリメントよりも高濃度の栄養素が毛髪の成長をしっかりサポートします。

最近では強引にローンを組ませたり、高額品を押し売りするトラブルなどが薄毛治療やカツラ、クリニックなどで発生し、問題になっています。ヘアメディカルの治療費用は毎月3万円程度です。高額なサービス営業やローンなどはありません。来院の都度支払いなので安心です。