男性の抜け毛、DHTの原因となる5αリダクターゼを抑制、抜け毛を予防する方法、育毛剤について紹介します

銀座総合美容クリニックの薄毛治療



銀座総合美容クリニック(銀クリ)は東京の銀座にあるAGA治療クリニックです。銀クリではフィナステリド、ミノキシジルを使ったオリジナル治療薬をはじめ、成長因子を注入するメソセラピー治療なども行なっています。

無料カウンセリングから、治療についての説明もしっかりしてくれます。待合室などは個室ではありません。人気のあるクリニックで人が多いため、特に気になることはありません。

銀クリの薄毛治療薬について



銀クリではオリジナル治療薬を処方しています。フィナステリドとミノキシジルの内服薬が基本になっています。

・フィナステリド1mg
男性の薄毛(AGA)の原因の多くはDHT(ジヒドロテストステロン)です。男性ホルモンと5αリダクターゼ酵素が結合し、DHTに変化します。DHTは毛乳頭でアンドロゲンレセプターと結合し、毛母細胞の働きを弱めます。

薄毛治療薬として欠かせないのがフィナステリドです。フィナステリドは5αリダクターゼを抑制し、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制します。フィナステリドを24週間(約半年)服用することで、58%の人が薄毛の改善を実感しています。

・ミノキシジルタブレット
銀クリではミノキシジル配合のタブレットを処方しています。銀クリでは4種類のミノタブがあり、2mg、4mg、6mg、8mgがあります。最初の1ヶ月は2mg、それ以降は4mgが基本になります。濃度を上げることで血管拡張、血流改善作用が期待できます。

ミノタブはリアップのような外用薬よりも強い効果があります。血管を拡張する作用が強く、毛乳頭細胞を活性化します。毛乳頭細胞の働きが活発になることで、成長因子が生成され、毛母細胞も活性化します。

銀クリのAGAメソセラピー治療



銀クリではノーニードルメソセラピーと呼ばれる治療も実施しています。あくまでも内服薬がメインで、無理に勧められることはありません。銀クリメソセラピーには様々な育毛成分が含まれています。

5αリダクターゼを阻害してDHTを抑制するフィナステリド、血管を拡張するミノキシジル、細胞を活性化する成長因子などが含まれています。成長因子には毛母細胞活性化、血管新生作用などがあり、毛根活性化をサポート。

銀クリノーニードルメソセラピーは注射のような針を使用しません。電気によって細胞膜にわずかな刺激を与え、育毛カクテルを注入していきます。イオン導入の約18倍の導入量を可能にし、注射に比べて痛みも殆どありません。

銀クリの費用



カウンセリング・・・・無料
初診料・・・・3,240円

オリジナル治療薬・・18,900円
(内訳:フィナステリド7,020円、ミノキシジル11,880円)

メソセラピー治療:1回19,440円